Picot*Rabbit

** 1/3・1/6・1/12 Doll Custom Blog **

近況報告的なの。

久しぶりのブログ更新です。

先日の里子出品では色々な面で驚かせてしまい、申し訳ありませんでした。

色々な方からメールも頂き、ドール活動をやめる・もしくは縮小するのかなと思われた方もいらっしゃったみたいで、
具体的な説明をしていなかったために、その辺りの勘違いをされておられる方が
他にもいらっしゃったら申し訳ないと思い、近況報告的な記事を書かせて頂く事にしました。

あまり明るい話ではありませんので、一応畳んでおきますね。


此方に書いたかどうかは覚えていないのですが、昨年末に体調不良がきっかけで緊急入院をした事がありました。
その時の検査でははっきりとした原因がわからずじまいだったのですが、
先日、また体調が微妙に悪くなり、改めて検査をして調べて頂いた所、
あまり世間では周知されていない部類の、特にこれといった治療方法もないらしい
難病を患っているらしい事がわかりました。
(どうやらすでに長年患っていたっぽいのですが、昨年末の時には合併症を起こしていたようで(汗))

幸い、すぐに命がどうこうといったものでは無いようなのですが、
不定期に原因不明の要因で起きる物理的な痛みや不安と、これからもずっと付き合っていかなくてはならなくて、
完全治癒するという類のものではないらしいというのがハッキリとわかってしまったのが流石に結構ショックで。
色々と気持ち的なものや環境的なもの等を見直したり、改めないといけないなと思いました。

その中のひとつにドールの事もありました。
ドールは私の癒し的な存在でもありますし、とても大切な存在です。
ドールで遊んだり、写真を撮ったり、眺めたりする事は勿論、
カスタム作業もアイ製作もとても楽しくて、へたれなりにやりがいも感じています。

病気がわかった今も変わらずドールが大好きだし、これからもずっと大好きだと思います。
カスタム活動自体も、これからも細々と続けていきたいと思っています。
(こんな記事を書いてしまうと、遠慮される方が多くなってしまいそうで心配ではありますが、
カスタムっ娘達のメンテナンスも今後も変わらず承りますし。)

そう思う一方で、自分の気持ちに少し余裕がなくなっている事も事実で、
恋焦がれてお迎えしたもののなかなかうちに馴染めなかった子や、
大好きな子だけど、現状なかなか構えていない子達(箱入り的な)、そういう子達を
これからも満足に可愛がってあげる事は、状況的にもうできないのかもしれないと思えてしまいました。

でも、あまり構えていなかったドール達にしてみれば、寧ろ逆にこれは良い機会なのかもしれないと、
色々悩んだ末に、私よりも各々の子達をもっと大切にしてくれて、遊んで頂ける里親様を見つけるべく
思い切って里子出品をするに至りました。
(エリカさんだけ微妙に後出しのようになってしまったのは、梱包に使用する段ボールの数が足りなかったためです。
すみません。Orz)

幸い、ほとんどの子達がカスタムオーナー様の元へお迎え頂ける事となり、
今回新しくご縁を頂いたオーナー様も、とてもお優しそうな方ばかりでした。
色々考えた末の里子出品でしたが、結果として、新しいオーナー様の元へ送り出す事が出来て、
これで良かったんだぁと感じています。

ただ、やっぱり自分の子として可愛がっていた子達に値段をつけられる形になる事、
手離す目的での写真を撮ることは、なんともいえない物悲しさがありました。
(これでもかなりウェットな方のドールオーナーなので;)

あと、私の中のポリシーで、数が限られている限定ヘッドのカスタム出品はしない!というのがあったので、
里子出品とはいえ、そこにも正直葛藤がありました。


事情はどうあれ、限定子を含め、これまで自宅子として所持していた子達を手離したという事実には、
色々とよくない気持ちだったり、複雑な感情を抱かれる方もおられる事と思います。
それも普通の感情だと思います。

人間、一人ひとり考え方も受け止め方も違うものですし、理解してほしいとはなかなか言えませんが、
決して軽い気持ちで、自宅子達を手離した訳ではないという事だけは伝われば幸いです。


そして、カスタム活動自体もこれからも行なっていきたいと思っておりますので、
これからも何卒ゆるーくお付き合い頂けましたら、とても嬉しく、幸せに思います。



半分寝ぼけていて、恐ろしく支離滅裂になっている気がしないでもないですが、
上手くまとめられていない気もしないでもないですが…!
眠さが限界なので、ひとまず以上です!!

ここまでお読み下さり、本当にありがとうございました。

そしておやすみなさいませ_( _*`ω、)_
スポンサーサイト